結局、RTX2060に載せ替えた

暫くは1060でいいと言ったが、あれは嘘だ(`・ω・´)
まあ、普通にゲームする分には全く問題なかったんですが、
ゲームしながら配信するとなると、ちょっと非力。
一応、配信用に旧PCの1050tiを移植してあるので、
ある程度の画質で配信することは出来る。
けれどゲームのFPSが高くなってしまうと、
配信の方がカクついてしまうので、
中古の1070にでもしようかなーと思っていました。
PALIT RTX2060
PALIT RTX2060
そんなタイミングでRTX2060の発売日が決定し、
格安グラボでおなじみのPalitからも出るということで、
もう覚悟を決めて買ってしまいました!
PALIT RTX2060
PALIT RTX2060
PALIT RTX2060
PALIT RTX2060
結論から言うと、これで十分(´ー`)
僕のやるゲームならモニターの限界である144hzまでFPS出るし、
その状態で配信してもカクつかない。
もちろん画質も、よっぽど重いゲームでなければ最高にできる。
RTX2070にしようかと思ってましたが、そこまで必要無いのが現状。
電力のこともあって2060で妥協しましたが、
僕の用途としては、結果的にこれが正解だった気がします。

Palitのグラボは一部でかっこ悪いと言われたりしてますがw
どうせ中に入ってしまえば、全く気になりません。
ケース内
ケース内
現在はゲーム用にRTX2060、配信とサブモニター用に1050tiという構成。
何気にケースファンも1つ追加してあったりします。
これもグラボの熱対策だったんですが、
モニタリングしている限りでは、ゲームした直後で
ケース内40℃、CPU47℃、SSD36℃、VGA34℃と、
そこまで熱対策する必要も無かった感じです。
まあ、このケースは大きくてエアフローが良いのもあるんですが。

こんな感じで新PCは、日々進化しております(´ー`)
余った1060は、甥っ子のPCを組むのに流用する予定。
どんなPCにしてやろうか、今から楽しみですw

フォローよろしくお願いします。

s_m@ru(シャア専用◎) について

シャア専用◎。フリーランスのシナリオライター。 愛知県在住の中年男性。 趣味はデジタルガジェットを弄ること。
カテゴリー: ガジェット, レビュー パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください